マウスコンピューター/G-Tune

location

locationオブジェクトは、そのウィンドウの現在のURL自体を指します。
URLの構成は一般的に
プロトコル(規則) + ホストネーム(ホスト+ポート) + パス
という形になっています。
これらのそれぞれの各部分がプロパティとしてあり
取出したり書き換えたりする事ができます。
また、全体を書き換える事も可能です。

プロパティ



プロトコル(規則) + ホストネーム(ホスト+ポート) + パス + (# or ?)
プロパティはこれらの全体と各部分です。
ほとんど [R/W] (読み書き可能) なのでその部分だけ変更を加える事ができます。
locationオブジェクトでは値を変えて書き込むと、ジャンプします。
これを使えばメソッドを使わなくてもURLの移動ができます。

location.href[R/W] URL全体
location.href は そのドキュメントが表示されているウィンドウのURLです。
http://www.artemis.ac/index.html の様な フルURLを読み出せます。

hrefプロパティは 書き込みも可能なので
location.href = "ジャンプ先URL"; とするとジャンプできます。
JavaScriptで最も一般的に使われている、ページジャンプの方法です。

location オブジェクトは それ自体がURL全体を指していますので
href を省いてしまっても、問題なく動作するようです。
とりあえず、私のブラウザ(IE4,IE6,IE7,NN3,NN4.5,NN6,FF2)では問題なく動作します。
変数(url) に URLを代入
var url = location.href;
var url = location;
URLのジャンプ(移動)
location.href = "";
location = "";

location.protocol[R/W] プロトコル部分
プロトコル部分です。
一般的なページでは http: と言う値が返りますね。
この protocolも R/W(読み書き可能)ですので、書き換える事もできます。
一般的に書きかえる状況はないとおもますが、書き換える場合は
location.protocol = "ftp:";のようにすると
それ以下のURLは変わらず、プロトコル部分のみ変えた場所へジャンプします。

location.host[R/W] ホスト名部分
location の ホスト名部分です。
www.artemis.ac の様なサーバーを示す 文字列だけを取出せます。
これも R/W(読み書き可能)ですので、書き換える事もできます。

location.port[R/W] ポート部分
ポート部分は普段省略されているそうです。( www.artemis.ac:80 の :80の部分)
省略されている時は何も取出せません。
これも R/W(読み書き可能)ですので、書き換える事もできるようです。

location.hostname[R/W] ホスト名+ポート
ポートが省略されている場合は、host と同じ値になります。
私は普段ホストネームはこれで取出しています。
これも R/W(読み書き可能)ですので、書き換える事もできます。

location.pathname[R/W] パス部分
ホストより後ろのパス部分です。
一般的なアドレスだと /~artemis/index.html の様な値になりますね。
ページ内リンク(#NAME) や CGI等での ?引数 の様な呼出しをされた場合は
その部分まで含めて パス部分となります。
/~artemis/cgi-bin/bbs/bbs.cgi?NAME="Lime" 等
これも R/W (読み書き可能)ですので、書き換える事もできます。
パス部分のみの書換えでページジャンプなどができます。

私は、個別フレームのページを フレームを通さないで表示すると
結構重傷なエラーが出る場合等に使っていました。
例えばこのページをページだけ単体で表示するとエラーが出る場合
ビジターの為を考えて
if(top.location.pathname != "/frame.html")
{top.locationpathname = "/frame.html";}

右のページを表示すると、URLは
http://www.artemis.ac/mozilla3/javascript/window/wlocation.htm
となりトップのパスが frame.htmlではなくなります。
この時にトップフレームを frame.htmlへジャンプさせていたわけです。

location.hash[R/W] #名前 の部分
hash は ページ内リンクなどの<A NAME="">にジャンプする時に使う
パスの中の最後の部分 #top などの部分です。
これも R/W(読み書き可能)ですので、書き換える事もできます。
読取り書換えの方が使う場合が多いと思います。
location.hash = "TOP";
の様にジャンプ先の アンカーネームを指定します。
取出しの時は#TOP のように#も付いてくるのですが
書換えの時は#を付けないでいいようです。
付けても付けなくても動作するようですが、付けてしまうと
Netscapeでは##TOPの様に2重になって ロケーションバーに表示されてしまい
その後に取出すと ##TOP のように hashの値も 2重になっていました。

location.search[R/W] ?○○ の部分
サーチ部分はよく Yahoo等で見ると思いますが CGIへ文字列を渡す時などに
? に続けて付け加えて渡します。
ですから、CGI以外ではあまり使われ無いと思われやすいですが
便利に使う事もできます。
例えば自分のページで、複数のページからあるページを呼び出す時など
そこから呼び出すリンクに ?値 のように付け加えておきます。
そうすると ?値 によって、どこから呼び出されたかを
呼び出されたページのJavaScriptで判断し利用できる事になります。
また、ある値をクッキーなどを使わずに別ページへ持ち越す時などに
使えると思います。

テストの結果では、書き込みをする時には?を付ける必要があるようです。
IEではどちらでも自動で補ってくれますが、Netscapeでは?がつきません。
例:index.html と言うページで入室時間をサーチとして付け足します。
location.search = "20:10:10";
結果(IE) index.html?20:10:10;
結果(NN) index.html20:10:10;
この様にNetscapeでは?が付きませんので index.html20:10:10 と言う
ファイルをサーバー上に探しますので、FileNotFound になります。
location.search = "?20:10:10"; とすれば両方できちんと動作します。

この様にNetscapeでは hashとsearchの時に 自動で補う補わないがあります
気を付けて使ってください。

その他には INPUTタグで TYPE="image" の場合
例:<INPUT TYPE="image" NAME="IGS" SRC="">
TYPE="image"は 画像のクリックされたポジションを ファイル名の後に
?IGS.x=25&IGS.y=33 のように値を付けてサーバーに送信されます
html拡張子がCGIとして動作しない様にしてあれば
この値を末尾に付けてリロードされるだけになります。
そこでJavaScriptでこれを利用する事ができるわけです。
IGSが名前ですのでどの画像がクリックされたのか、
xとy でどのポジションがクリックされたのかを取出せます。
一般的にはクリッカブルマップタグでやれば良い事ですが
この様にも利用できると言う事です。

通常 CGIに ? を付けて引数を渡す時にはエンコードが必要になります。
しかし、JavaScriptで利用する為に使う場合はその必要はありません。
JavaScriptはローカルで動作するので、サーチ部分を付け足し
それを受け取る作業は全てローカルマシン内で行われます。
ですから、実際にサーバーへ送信されて受け取るわけではないので
問題なく、日本語なども使えるはずです。
しかしながらページ・ブラウザの文字コードセットの問題で
化けた文字として扱われてしまう場合にどうなるかわからないので
日本語を ?に付けて渡すのは辞めた方が無難です。
どうしても日本語をサーチに付けたい場合は ユニコード化するなどして
渡した方がよいでしょう。

メソッド



location.reload()リロードさせる
現在のlocation をリロードします。
Mozilla/3未満では動作しないとの事で、対応できるブラウザを
リロードさせる時にのみ使えばいいと思います。
location.reload()が呼び出された時点で ページをリロードします。

location.replace()置換える
location.replace("URL")は ジャンプと言うよりは
URLのページと置換えてしまいます。
ジャンプの場合は普通に履歴(history)に残りますが、
置換えは 置換え前のページが history に記録されません。
私は状況によってこれを使っています。
通常はMozilla/3未満の事まで考えると
プロパティの書換えでのジャンプで十分だと思います

location.assign()
あまり意味がわからないのですが、
location.assign("URL") で URLへジャンプします。
つまり、通常の location= "URL"や location.href="URL" と同じ事です。
Netscapeではメソッドとしての解説が無かったのですが動作しました。

通常のJavaScriptでは Object = "";と言う使い方はできないと思いましたが
Objectにassign()を定義しておくとObject= "値"; と記述した時に、
自動的にObject.assign("値") と解釈されると言うのをどこかで見た覚えが・・。
location は location = ""; できちんと動作します。
assignは 割り当てるとかの意味でしょうから、
assignは 実際に使う物ではなく定義されていると言う
程度の物なのでしょうか? だからNetscapeではわざわざメソッドとして
解説されてないのかもしれないと勝手に解釈してしまいました。(゜ー゜;)
信用しないでください。とにかく 普通にジャンプできます。

Tips & Samples



◆わざわざ書く事ではないかもしれませんが。
locationは そのウィンドウの locationです。
ですからフレーム構成の場合に全体をジャンプさせたい時は
きちんと、top.locationの様にどのウィンドウオブジェクトかを
はっきりさせないといけません。
HTMLタグのアンカーは TARGET属性で行いますが
JavaScriptではTARGETをオブジェクトとして指定するわけです。

◆ サンプル1 or.jp → ne.jp
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
//簡易版(問題無く動くと思います)
if(location.hostname != "www2.raidway.ne.jp"){
location.hostname = "www2.raidway.ne.jp";
}
//一般版
if(location.hostname = != "www2.raidway.ne.jp"){
location.href = "http://www2.raidway.ne.jp/~artemis/";
}
</SCRIPT>
少し前の時期、プロバイダーが or.jp から ne.jp へと変わった所が
多いと思います。以降期間中は両方使えるようになっています。
このスクリプトを書いておくと、ne.jp以外で来た人を
自動的に同じURLアドレスの ne.jp へジャンプさせます。
ブックマークされる時に、正しい(新)アドレスでされる様にとの配慮です。
or.jpでもne.jpでも同じファイルが表示されますので
METAタグでのrefreshが使えませんのでこうします。
簡易版は、必要なホスト部分のみ交換です。
一般版は、フルパスで、きちんと指定する場合です。

◆ サンプル2 一方通行
historyオブジェクトの所でサンプルにした、戻れない迷路分岐を作る時に
Mozilla/3レベル以上のブラウザを対象にする時に replaceを使って見ます。
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
function Jump(n){
if(n == 0){location.replace("YESジャンプ先")}
else{ location.replace("NOジャンプ先")}
}
</SCRIPT>
<A HREF="JavaScript:Jump(0)">YES</A>
<A HREF="JavaScript:Jump(1)">NO</A>
これでアンカーをクリックすると、それぞれのページへ置換えをします。
履歴に残らないので戻る事ができません。

◆ サンプル3 CGI補助用 特殊な ref の取り方
CGIの補助の話になります。
SSIが禁止されているサーバーでは、一般的にCGIを使ってアクセス解析します。
アクセス解析には、ブラウザや時間、回数、等がありますが
リンクで来た場合に、どこから来たか?(以下Ref)を取る事もできます。
さて、そのページがCGI処理ページ(index.cgi等)であればSSI禁止でも REFは取れます。
しかし、CGIをリンクしてもらう表紙にする事はあまりしないようですし、
CGIが使えるディレクトリが決まっている場合も表紙として使う事はできません。

この場合はJavaScriptのImageオブジェクトをJavaScript内だけで使って、 そのSRCとしてCGIを指定します。 CGI側から戻り値がなくても、実際に表示する画像ではないので問題ありません。
<script type="text/javascript">
var img = new Image();
img.src = './cgi-bin/access.cgi?' + document.referrer;
</script>
これでaccess.cgiにrefが渡されますので、後はCGIの方でAgentやIPなどを取って一緒に処理すればOKです。 これは直接location.searchとは関係なくdocument.referrer の部類です。



◆ あなたのブラウザ &このページでの location プロパティ
NN4.5では x、y、target,textなどがあるようですね。



専用ページから申し込むと
So-netより高い3万円CB

案ずるより産むが易し
使ってみれば疑問も解決

XREA+ (plus) 206円/月
( お試し7日間 )

CORE SERVER 428円/月
( お試し15日間 )

ロリポップ 270円/月
( お試し期間10日間 )

ヘテムル 1620円/月
( お試し期間15日間 )

さくら 129円/月
( お試し期間2週間 )

無駄な高額ドメイン管理料金払ってませんか?

バリュードメイン
ムームードメイン